スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虐待が譲渡を殺す法則

今日はちょっと真剣な話題を。
日本で、友人が猫を探すのをアメリカから、遠隔操作でお手伝いしようとしたことがある。
2,3人のアニマルレスキューをしている知人に問い合わせた。
色々と話を聞いたが、猫一匹を譲渡してもらうことの、ハードルの高さに驚いた。
この調子では、譲渡してもらうのに超時間がかかる。そして、下手したら、猫を譲り受けるどころではないのだ・・・
特に、一人暮らしの男性には、スカイツリーを飛び越えるよりハードルが高い。

これにはものすごくショックを受けた。何人かの日本の友達に、事情を聞いて回った。
どうなってんだ!?猫に家が見つかるチャンスが半減どころか、人間がチャンスを踏みにじってるじゃないか??そして、譲渡の回転が悪くなると言うことは、次の保護に結びつかないのでは??もしくは、猫に譲渡先が決まらず、それでも保護を続け、保護崩壊状態になってしまうことも有り得るのでは??

ネット掲示板で、「猫がほしい。でも里親になろうとすると、“面接があります”だの、"家のチェックをさせて頂きます“だの、"トライアル期間があります”だの、“身分証明を提出して頂きます”だの、“季節毎に写真と報告を送って頂きます”だの・・・無理、無理、無理、無理!!!やっぱしペットショップで買うしかないのかなぁ~」と言う書き込みを見たこともある。これでは、ペットショップ促進してるも同じじゃないか?

一人暮らしの男性やお年寄りは・・・意外と物凄くいい飼い主になるケースが少なくはない。
現に私の友人のCraigは、保護犬1頭、保護猫2匹と一緒に暮らしているが、それはそれはビックリするくらいいい飼い主である。

が・・・これはアメリカの話なのだ。
日本の譲渡の事情を聞いた友人が言っていたのは・・・「動物に対する意識の低さがこうさせる」その時は・・・正直、うまく言葉を理解出来なかったように思う。
しかし、最近ネットで日本のニュースを読んでいて、動物虐待の記事がとても短い期間内に幾つも掲載されていることに気がついた。
以前から日本の虐待については人に聞きまわったり、Twitterで情報を集めたりして知っていたつもりだったのだが、ここまで頻繁にあるとは・・・
アメリカだって記事にならないだけで、虐待やネグレクトのケースは沢山ある。
が、「記事になる」と言うことは、それだけそのケースが深刻で、大きいと言うことだ。
日本には、そのように「記事になる」ケースが横行しているのだ。

これはとてつもない悪循環を生み出す。
虐待が動物の譲渡を殺す。虐待された犬/猫だけではなく、運良く保護された動物の行き先まで殺してしまうのだ。
このような虐待のニュースが日常茶飯事化すると、動物を保護し、里親を見つけようとする「預かりさん」は精神的に物凄い圧迫を受ける。
せっかく一命を取り止めた動物を、殺処分より酷い方法で殺されてしまうのは、言い表せないくらい辛いことだ。
これは、うちのレスキューのメディカルダイレクター、Samが良く言っていることだ。
「どうして殺処分寸前のところで助けた動物を、みすみす殺すようなマネが出来る?」

助けた命は、殺させない。
patrick.jpg


ここまで酷い虐待のケースが横行すると、預かりさんは何に対しても疑心暗鬼になってしまう。
それは、Samが言ったのと同じ気持ちによるものだ。
こんなことを書いていても、何も出来ない自分がもどかしい。

まず、譲渡をする際に、必ず譲渡料を取ってほしい。料金を徴収することにより、虐待する人間にアダプトされるのを、多少は防ぐことが出来る。
料金を支払ってまで虐待しようと言う人間は相当なものだ。大抵は、「お金を払ってまで・・」となる。
アメリカでも、無料の譲渡は悲劇を生むことが多い。

そして、個人で保護をしている方は、譲渡する際に、必ず二人以上で手続きを行ってほしい。
二人以上の人間で対応することにより、里親となる人の人格を(モチロン、全ては見えないが)違う角度から観察することが出来る。また、ある程度のプレッシャーを与えることも出来る。
この2点を実行したからと言って、全ての虐待が防げる保証はない。
が、虐待の「チャンス」を少しばかり減少させることは可能である。

正直、民間で出来ることはこの程度である。近い将来、日本の動物保護の為の法律が、もっと人道的に改革されることを切に願う。




スポンサーサイト

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

甲状腺の疾患と歯茎の腫れ。

先日、タヒチともみじさんを健康診断に、夫が連れて行った。
うちから車で25―30分くらいかかるが、Desert Tails Animal Clinic には、3年ほどお世話になっている。
この病院に辿り着くまで、2つほど別の病院を使っていたのだが、動物の扱いの荒さに辟易し、レスキュー友達から紹介してもらったDr. Remanのとこに連れて行って、今に至る。
Dr. Remanは、動物の気持ちを考えた診察をしてくれる。動物が怒っていたり、怯えていたりすると、無理矢理な診察はせず、動物が落ち着くまで待つ。診察中でも、動物がうろたえれば、しばらく休憩を入れる。
タヒチを連れていった初日から、「この先生しかいない!」と思った。
先生がこんな感じなので、口コミで評判が広がっているらしく、平日でもとても忙しくしていらっしゃる。

さて、今回の健康診断の結果だが・・・まず、もみじさん
もみじさん、純血種のシャムネコ、2歳。・・・・2歳なのに、歯茎が18歳のタヒチよりやられているとのこと・・・このままでは、将来、歯を失う危機にあると言う。(!!)
そして、タヒチ。雑種、18歳。・・・Dr.Remanは、タヒチの体重の減り方が心配・・・と言うことで、血液検査をすることに。
そして、火曜日にDr.Remanから直々に血液検査の結果報告の電話を頂いた。
「おととし末に、感染症で、11lbs(約5kg)から7lbs(約3kg)に落ちたんですよね。で、今回そこから更に5.6lbs(約2.5kg)に落ちてますよね・・・で、血液検査の結果から、甲状腺疾患(状腺機能亢進症)の疑いがあります。今、その病気専用の処方箋扱いの餌が出てますから、それを試してみますか?もしそうなら、うちに在庫があるので用意しておきます。検査結果の説明をしたいので、一度来院して頂けますか?」

Hills y/d
small yd


と言うことで、昨日の仕事後、Clinicへ行って来た。
診察室に通されて少し待っていると、Dr.Remanがやって来た。早速にテスト結果を見せながらの説明開始。Dr曰く、数値はまだそんなに高くないが、前回からの飛躍度が気になるらしい。そして、老齢の猫に有り勝ちな、腎臓と肝臓の疾患も、若干だが見られるとのこと。ただ、これはこの段階では、まだ深刻な域には全く達していないと。
故、まずは全てを治療するのではなく、甲状腺から治療を進めていきましょう。と。
甲状腺が良い状態に戻れば、腎、肝臓も動きが良くなる可能性があるらしい。
甲状腺疾患の症状だが、まず、ガタ~~ッと体重が落ちる。その割に、「これでもか!」と言うくらい食べる。そして、「もっとくれ!」と上から目線での要求。(モノスゴイでかい声で鳴く)水を飲む量が増え、尿の量も増える。毛皮がパサパサになってりするのも症状の一つだが、幸い、これはタヒチには出ていない。
これは、体内で甲状腺ホルモンが、新陳代謝を活発化し過ぎるために起こるらしい。
体内のエネルギーを燃焼し過ぎるのである。
そして、今回、そのホルモンを正常化させる為に使われるのが、Hillsの「y/d」と言う餌である。「a/d」 は使ったことがある人も結構いるのではないだろうか。
処方箋扱いなだけに、獣医を通してしか手に入らない上、値段も少々お高い。
今日からタヒチに試してみたのだが・・・味がいいのか、ま~、食べる、食べる!!(笑)
タヒチは体重が激減してしまっているので、Dr.Remanから、「今のとこは食べたいだけ与えていいですよ」と言われてはいるのだが・・・その食いっぷりは「ホットドッグコンテスト」もビックリなくらい、(今なら優勝出来るかも)攻撃的である。
これで2週間様子を見て、それからまた更に治療プランを立てて行くと言うことになった。

そして、もみじさん・・・Drが思うに・・・もみじさんは純血種であるが故、特有の「弱さ」が歯茎に出てしまったのではないかと・・・
そして、「歯、磨いてあげて下さい」と、歯磨き粉のサンプルを頂いた。
これには既に、猫が好きな(好きであろう)フレーバーが着いており、まずは指で週一くらいで舐めさせて、それからちょっとずつ指先で歯を磨く。
そして、この「歯を磨く」と言う行為を、「おいしい、楽しい時間」と、もみじさんに認識してもらう。
そして、馴れて来た頃に、猫用歯ブラシを登場させる・・・と言う方法にチャレンジして下さいと言われた。
もみじさんがビクビクちゃんだと言うことを見越してのアドバイスである。

もみじさんの歯磨きセット。
small tooth

歯のリンス。飲み水に混ぜて与える。無色、無臭、味無し。(らしい)
small lince

猫は我慢強いので、病気に気付きにくいことがしばしば。
定期健診には、必ず連れて行ってあげてほしい。

さて、頑張らなくては・・・!!!




テーマ :
ジャンル : ペット

家族の見つかるタイミング。

つくづく・・・家が見つかるタイミングってあるんだなぁ・・・と思ったことがあった。

うちの預かりさんの一人、Wendiからメールがきた。「実は・・・アパートに引っ越さなきゃいけなくなって・・・で、アパートには動物の数の制限があって、預かり猫を連れていけなくなっちゃった・・・ごめんなさい・・・」
Wendiはその時、「Zorro」という、10ヶ月の猫を預かっていた。
「Zorro」は、生後8週目位の時に、Wendiに保護され、うちのレスキューにやってきた。それが去年の4月。
最初の名前は、「Fattykins」オマケに、「女の子」だと思われていた。・・・・・・

Fattykins。仔猫の頃。
small fattykins


私はZorroをオンラインの里親募集ページに投稿し、Wendiは出来る限り、Fattykinsをアダプションイベントに連れて来た。
何度か、Fattykinsへの興味を示す、問い合わせのメールも届いた。が・・・何故かどうしても譲渡に至らない。
そして、とうとう仔猫だったFattykinsは、10ヶ月の大人サイズに近い、「ティーンエイジャー」猫に成長してしまった。
Wendiは、Fattykinsが心配でたまらない。何度もメールで話し合った。
「名前・・・がダメなのかなぁ?」「じゃあ、変えてみたら?結構皆、長期預かり猫の名前変えたり、写真変えたりと、色々試してみてるし。で、それが結構効果あることもあるしなぁ!」「オスだから、家が見つからないのかなぁ!!??」「イヤ~・・・性別やないと思うで。黒猫と白黒猫、しかも大人猫は、残念ながら、結構難しいねんわ・・・私は、黒猫フリークやけどね・・・」「そっか~・・・取り合えず、名前変えて、写真アップデートしてみるわ~・・・」「私が引っ越したら、Fattykinsどうしよう!?」「他に預かりさん見つけるし、それまでに家が見つかるかも知れんし!心配すんな!!」

と、やり取りしてるうちに・・・一通のメールが届いた。それは、他の猫に対する問い合わせだったのだが・・・実はその問い合わせのあった猫、丁度半日前に家が決まってしまっていた。
故、どのような猫を探しているのか聞いてみた。すると ― 「男の子の1歳未満の猫で、出来れば雉トラが希望ですが、特に執着はしていません。小さい子供が二人いるので、出来れば子供にフレンドリーな猫が希望です。」あ?何か・・・これ、良くない!?で、その頃Zorroに改名していた「元」Fattykinsを含む、3匹の猫をピックアップして、メールを返信した。
中でも― Zorroは、色以外はベストマッチだった。と言うのも・・・Wendiにも丁度、同じ年頃の子供が2人いて、Zorroは「子供馴れ」しているのだ。
後は・・・その家族次第・・・

翌日、家族からメールが返って来た。「Zorroに興味があります。面会日を設定してもらえませんか?」
「!!!!!!キタァ―――――――――――!!!!!!」
早速にWendiにメールを転送して、面会日の設置を頼む。
家族もZorroに早く会いたかったようで、面会日は翌日に設定。そして ― 翌日の夕方、Wendiからメールが入った。
「Zorroに家が見つかりました~~~!!!!!!!(涙)
― Zorroは、2人の娘さんを見るなり、スッカリメロメロになってしまい、2人の前に出るなり、お腹を上にひっくり返り、「いっぱい、なでなでして~~~!!!」とやったそうだ。(笑)2人と1匹は、まるで昔からの親友のように、あっという間に仲良くなってしまったらしい・・・

Zorro。最近。
zorro small


良かったなぁ、Zorro。そして、なんちゅータイミング!!
何となく、Zorroが今まで家を見つけなかったのは、この子達を待ってたからかなぁ~・・・と思った。
友達のTracyが言った、「ただの“家”を見つけるより、“完璧な家”を見つける為に待つことは、それだけの価値があると思う。」と言うセリフに激しく共感した。






テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

猫ダイエット その4

少し間が開いてしまったが、Crashのダイエット・ブートキャンプは続行中である。
1-2週目に意図も簡単に2lbs(約900g)も落ちたので、「おおっ!!このままで行くと、期限の2月上旬までには15lbs、軽くイケルか!?」等と、スッカリ舞い上がっていたのだが、案の定3―4週目に入ると、18lbs(約8.16kg)から、ピクリとも動かなくなってしまった・・・
これが「ダイエットの落とし穴」だ。

18lbsの時。
crash 18lbs


相変わらず体重計に乗り切らないので、夫がまず自分の体重を量り、次にCrashを抱いて体重計に乗る。そして、自分の体重をその合計から引くという手法を使っているのだが、Crashだけではなく、夫にとってもある意味、一喜一憂なイベントと化している。(因みに、彼はダイエットをしているわけではない)

餌は、変わらずBlue Buffaloの缶を一日に2缶。う~ん・・・。が、ある日、Dawnに電話をして、留守電にメッセージを残している最中、ナントCrashが、私の膝の上に飛び乗った(!!)
予測もしていなかった事態に、「ウゲッ!!!」と、留守録中にも係らず、踏まれたカエルの様な声を発してしまい、メッセージが台無し。・・・・・・
8キロの物体が、予告もなしに膝の上に降ってきたのだから、このリアクションも仕方なかろう・・・「・・・今、急にCrashが膝の上に飛び乗って・・・ウゲッ・・・ヒデ~・・・膝、潰れた・・・」とわけのわからない言い訳と共に、入れかけてたメッセージを強制終了させた。
人間にとって900gの体重が落ちたくらいでは、大した変化は感じられないだろうが、猫にとっては結構大きい。
「こりゃ~、身が軽くなった証拠だね!」と、まだ巨猫が乗ったままの膝をガタブル震わせながらほくそ笑む。

そして、先週の金曜日 ― 「・・・太った・・・」と言うのは、うちの夫自身。・・・・・・そして、いよいよCrashの測定。うちの夫の得意技は「暗算」で、数字をみたら物凄い速さで計算する。「・・・え~っと。17lbs(約7.7kg)」「・・・・・!!!!マジっすか!!??」「間違いない!」やったぁぁぁ~~~!!!や~~~っと再び体重が落ち始めたっ!!

17lbs。少しは痩せて見える?
small crash


期限まで、後2週間と少し。後、1lbs落とそう!!15lbsになったら、それはもう、「ボーナス」だ!!頑張れ、Crash!!!!!






テーマ : 猫のダイエット
ジャンル : ペット

間違った里親探し。

明けましておめでとうございます!今年もヨロシクお願いします!!

アメリカには、日本のように「三が日」等と言う、素晴らしい「システム」が存在しないので、残念ながら、1月2日から仕事に復帰してしまった・・・トホホ。
4日ぶりに会った、同僚のデボラちゃん。そのデボラちゃん、12/30、年の瀬も迫りまくった頃に急に連絡してきた。
「仔猫がほしいと思って・・・Sakiのレスキューにグレーの仔猫はいない?」・・・幸か不幸か、地獄のような「仔猫シーズン」も漸く収束に近づきつつあるのか、実際、うちのレスキューにいる仔猫は数えるほど。しかも、一番ちびっこで4ヶ月の仔猫。そして、グレーの仔猫はいない・・・(デボラちゃんは大人猫と犬を飼っているので、環境に馴染み易い3ヶ月くらいまでの子猫を探していた)
「ごめんなぁ~・・・仔猫シーズンが収束に近づきつつあるみたいで、仔猫、そんなにいーひんねんわ・・・でも、グレーの仔猫をレスキューしたら、絶対一番に教えるわ!」と伝えると、「有難う~~~!!」
ここで、日本のレスキューに携わっている人なら、「・・・なんでグレー限定?」と思うかも知れない。これはただ単純に、彼女が昔飼っていた猫がグレーで、とてもいい猫だったから・・・と言うことだ。こちらでは、この手の理由の「色リピーター」が結構多い。

さて、1月2日に出勤したら、デボラちゃんが「仔猫、アダプトしたよ~!」と報告してきた。「ホンマ!?良かったなぁ~~!!どこでアダプトしたん!?」と聞くと・・・
「Claigslist」(オンラインクラシファイド)で、グレーの仔猫の里親募集を発見し、65Kmも運転して、隣の、そのまた隣の市まで仔猫を見に行ったらしい。
そこで、出会ったのが、その仔猫。が、既に4ヶ月強で、思ったよりも大きかったらしい。しかも・・・預かりをしていた人が・・・Vet Tech(動物の看護士さん)だったのだが・・・何と、「この仔猫、貰い手がすぐにつかなかったら、安楽死させようと思ってるの。アグレッシブだからね。」・・・え’’、え’’~~!!??今、何とおっしゃった!?あんたVet Techじゃないの!?それを聞いたデボラちゃん、とても仔猫をそのままにしておけず、「私が飼います!」と言って、連れて帰ってきたらしい・・・
連れて帰ってきた仔猫、「アグレッシブ」と預かりさんは言っていたのに、全く凶暴なとこなし。とてもフレンドリーな仔猫だったそうだ・・・
その仔猫、デボラちゃんに見つけてもらって、本当にラッキーだったと思う。
が、その預かりさん、本心だったにせよ、ただの「脅し」だったにせよ、こんな酷いアダプションの仕方はないと思った。
これで、「レスキュー」なんて言われたら、たまったもんじゃない。

が、仔猫は・・・デボラちゃんが小さい部屋から慣らして行って、徐々に活動場所を広げてもらってるらしい・・・幸せになって、良かった。

幸せにしてね。
small box kitten





テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

プロフィール

Coolfish7

Author:Coolfish7
米国、アリゾナ州フェニックス在住。All About Animals Rescue Shelter Director. Arizona Diamondbacks ファン。レスキューとは別に本職アリ。残念過ぎる上司と戦う日々。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。