スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリブ海クルーズ その5

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : クルージング
ジャンル : 旅行

カリブ海クルーズ その4

おさるの話をする前に、ちょっとだけRoatanの説明をば・・・
Roatanは、中央アメリカのホンジュラスに属している島である。面白いのは、ホンジュラスがスペイン語が公用語なのに対し、ここは英語が公用語となっていること。でも、ガイドさん曰く、普通の英語とはちと違うらしい・・・Roatan特有の言い回しや、訛りがあるということ。

Roatanの位置
roatan.jpg

島は小さく、町の中心地もとてもこじんまり。家は高床式スタイルが多く、理由は、雨の時でも洗濯物が家の下に干せるから!家の下に洗濯物!!新しい!!!電気代がめちゃくちゃ高く、乾燥機や冷房は超ぜいたく品になるとか・・・

Roatanの家。こんなカンジで。因みに、これは私の撮った写真ではありません・・
roatan house small

そして、ここには個人住所が存在しないと!!では、どうやって郵便局の人は手紙を配達するのか!?という疑問が当然沸いてくるとこだ。
答えは何と、「家の色」だそうだ(!!)確かに・・・家は黄色やピンク、緑とカラフル・・・例えば私が「黄色」の家に住んでいると、住所は「大通りにある海側の黄色い家」とかになるらしい(!!)新しい!!!(笑)

さて!おさるである。ガイドさんに案内されて、公園のおさるがいるとされるところまで行くと・・・いたいた!!スパイダーモンキーの皆さん!!!(笑)めっちゃ放し飼い!!!

そして、どうでもいいけど、ここにもいた、野良カピバラさん。
roatan capibarra

そして、次々とツアーに参加してる人の肩に飛び乗って、写真撮影!!!で、撮影する度に、トレーナーのお兄さん達に、おやつを貰う。(笑)
撮影前に、ガイドさんが、「おさるは、気に入った人におしっこをかけることがあります」と言っていたのだが、そのはたからツアーに参加していた女の人が、「ギャッ!!おさるが肩でおしっこしたわよぅ!!!!」と悲鳴!!それを聞いたトレーナーのお兄さん、ひぇ~ひぇ~!!と慌てまくってる女の人に向かって超落ち着いたトーンで、「あなた、それはとっても名誉なことですよ。キパ~リ。」と。(笑)(しかも真顔で)その双方のやり取りのすれ違いように、密かに馬鹿ウケしてしまう私。(笑)
そして、ついに私の番!って、前の人の肩に停まったおさる、イキナリ前置きもなしに私の肩に!!!・・・カワイイんとちゃうの・・・・(笑)

おさると私。
monkey small

が、数分後、そのおさる、私の髪の毛をめっちゃくちゃにいじり出した!!ひぇ~ひぇ~!!と焦っていると、トレーナーのお兄さんが来て、「あなたの髪で遊んでいるんですよ。いいことです。キパ~リ。」(真顔)・・・えっと・・・おさるのすることは、何でも「いいこと」化してしまうらしい・・・・・・
ま、おさるに嫌われてはいなかった・・・ということにしておこう。

ソルトマングローブを栽培中。
small salt


次はいよいよ最終目的地のCayman Islandへ!!






テーマ : クルーズ
ジャンル : 旅行

カリブ海クルーズ その3

Belizeは島ではない。メキシコとグアテマラ隣国に持つ、中央アメリカに位置する国である。
数箇所の観光スポットは開発が序所に進んでいるが、その他の場所は、決して裕福とは言えない国の状態が浮き彫りになっていた。だが、観光地として少しずつ名前も浸透してきているようだし、「世界第2位」と豪語するバリアリーフの美しい海も手伝って、カリブの中でも有数のリゾート地になるかも知れない。

Belizeの位置
belize.jpg


そう。そして、そのバリアリーフ・・・のお陰で、でっかい船はポートに入ることが出来ず、更に小さなボートに乗り換えて上陸しなければならない。
ボートで15分ほどで陸地に辿り着く。大したことじゃない。・・・なはずが、大したことになってしまった・・・

私は腕に日光+日焼け止めアレルギーがあるらしく、今年の夏に野球を見に行った時、スポーツ用の日焼け止めを塗ったところ、みるみるうちに赤くなり、それが更に進化(?)して、無数の水膨れが腕にできてしまったのだ・・・
それで会社に行ったら、レイレイに「うぎゃっ!何それ!?帰れよ!」と家に送り返された経歴を持つ。(「大丈夫か!?」の一言もなかった。さすがレイレイ。それどころか、会社で引き回しにあって、帰る前に見世物にされた。)
で、今回は「赤ちゃん用、ナチュラル日焼け止め」なるものを持参し、ボート待ちの間に恐る恐る塗ってみたら・・・かっゆ~~~!!!ぜんっぜんあっかんや~ん!!!5分以内に皮膚は真っ赤に・・・船に帰ってから即効で洗い落としたが、水膨れには進化しなかったものの、皮膚は既に真っ赤で、バリバリ・・・ヤル気なくすわ~・・・・・・・・

ヤル気をなくしつつ、翌日、Roatanというホンジュラスの島の、マホガニーベイというところに到着。

Mahogany Bay, Roatan
Mahogany Bay Small

腕は真っ赤なままだったが、幸いにも曇ってる。悪ないや~ん!と思いながら上陸し、ここでは「おさるに会おう!」ツアー(ツアータイトル捏造)に参加。そのおさる達は、森の中に住んでおり、訓練されたおさるとだけ写真を撮ったりできるらしい。ちょっと大阪の箕面を思わせる。(笑)しかし、「撫でないで下さい」と注意を受けたあたり、「・・・撫でたらどうなるんやろ・・・」と、既に危険な香り。(まぁ、おさるにしばかれるってことなんやろうけど)
そして、森(公園)の入り口に到着。・・・したら、イキナリ雨かい!!曇りはええけど、誰が雨降ってほしいってゆーてん!?ってカンジで、しょっぱなから、ワイルドだぜぇ~。

まずは、でっかいインコを肩に載せて撮影~。ちょっとインコの爪が痛かったけど、我慢した。(笑)

インコと私。
bird.jpg

そして、怪しい洞窟へ・・・これは、マホガニーベイと「カリブの海賊」の歴史を見せるために造られた、観光用の洞窟。(笑)でも、海賊のおじさん(名前忘れた)の人形があったりして、結構凝った造りになっていた。

海賊のおじさん。ごめん、名前忘れた。
small pirate

そして、いよいよおさるとの撮影へ!!







テーマ : クルージング
ジャンル : 旅行

カリブ海クルーズ その2

さて、カリブ海クルーズ第二弾である。

大体、船の上で何をしてるかというと・・・それこそ、食っちゃ寝、食っちゃ寝・・・

私の場合、食う→部屋でゴロゴロしながら本を読む→その辺をちょっとウロウロしてみたりする→食う→部屋でゴロゴロしながら本を読む→旦那のスポーツクイズイベント参加に付き合う→食う→部屋でゴロゴロしながら本を読む→適当に眠くなったら寝る。

というパターンが確立されていた。何か、自分で読んでてもとてもお手本にはしたくないバケーションの過ごし方だ。
そして、この船の食事がクセモノで、結構イケたりする。朝、昼はバッフェスタイルなので、ついつい食い過ぎる・・そして、必ずデザートを食ってしまうという悲しさ・・・
種類も豊富で、これが結構おいしいので、どうしても避けて通ることが出来ない・・・何の罠やねん!?って感じで。(笑)
夜は夜で、一応ちゃんとしたレストラン形式での食事。メニューは前菜10種、メイン10種、デザート5種くらいの中から選択出来る。そして・・・やっぱし食い過ぎる。
普通はこんなに外食が続いたら、飽き飽きしてしまうのに、何故か船の上では飽きがこない・・・恐ろしいことだ。
そして、そのツケは、クルーズが終わった時にやってきた。
胃、悪~・・・くどいもん、もう食べたない・・・・・パンシロンが親友な今日この頃。

さてさて、Belizeだ。ここではジャングル動物園のツアーに参加してみた。
あまり動物園は好きな方ではないのだが、ここの動物園は、熱帯雨林のジャングルでのドキュメンタリ-の撮影に使われた動物を保護した形で、限りなく自然に近い状態の動物園で飼育しているということ。ハリソン・フォード等が多額の寄付をして、経営を支えているらしい。

リラ~ックスしてるジャガーさん。
small jag

限りなくジャングル状態なので、必ず動物に会えるかというと、保証はない。(笑)
「ここにはサルがいる・・・んですけどねぇ・・・はは・・・」とガイドさん。(笑)おさるはどこにも見えない。・・・・・・が、声がする。確かにどこかでおさるがホーホー喚いてる・・・一緒にいたツアーの人たちもざわめき出し、「どっから聞こえてんだ!?」とキョロキョロ。・・・しばらくして・・・「あ~・・・スイマセン・・・それ、うちの娘・・・」と7歳くらいの女の子を指差して気まずそうにしてるお父さんが、ちょっとモジモジしながら進みでた・・・
そして、その指差された彼の娘を見ると・・・「ホ~ホ~!!ホギャァァ~~!!」とサルそっくりの雄たけびを上げているではないか!!(笑)まさに芸術の域だ!!(笑)ツアー一同、ボーゼンな瞬間であった。(笑)

園内どこにでもいる、野良カピバラさん。
small kapi





テーマ : クルージング
ジャンル : 旅行

カリブ海クルーズに初挑戦!!

カリブ海のクルーズに、一週間行って来た。マイアミからでっかい船に乗って、カリブの島を4箇所を周った。と言うのも、私の残念すぎる上司レイレイが、クルーズマスターで、毎年8月にどこかへクルーズで出かけて行く。
で、ここ数年、いかにクルーズが素晴らしいか!!と言うことを熱く語られてきた結果、まんまと洗脳されてしまったわけだ。何かちょっと、怪しい宗教みたいだ。(笑)
しか~し!!行ってみると、レイレイがそこまでハマッてる理由がわかった!!
まさに、至れり尽くせりなのだ!!
ご飯は食べ放題、(旅費に含まれている)しかも、これが結構質が高い!!退屈すれば、イベントが船のあちこちで行われている。
そして、毎日カリブの島に上陸!!オプショナルツアーをつければ、スキューバダイビングから、スノーケリング、イルカと戯れたり、自然動物園に連れて行ってくれたりもする。
まさに、怠惰な人向けツアーだ!!!(笑)何と私にピッタリなことか!!!

部屋の掃除は、朝と夕方、2回行われていたのだが、この夕方の掃除がかなりの高得点!!
夕食を食べて部屋に戻ると、ベッドの上にちょこんとタオルで作られた動物がいるではないか!!!これにはかなり感動しまくり、毎日写真にこれらの動物を収めるのが、とても楽しみになった。(笑)それにしても、スンゴイ技だよなぁ~・・・・

タオル犬
small towel dog


タオルおさる。これは高得点!!
small monkey


第一日目は、丸々海の上で過ごしたが、翌日、メキシコの「Cozumel」という島に船が着いた。
レイレイ情報によると、ここはまぁ、大してすることもないとのことだったので、ツアーはパスして、免税品店などを見て回った。が、これと言って大したものもなく、手持ち無沙汰で船に戻り、部屋でひたすらダラダラして過ごした。う~ん・・・これくらいのモノだったら、アメリカで買えるぞ!!ってカンジで・・・
あ、でも、水はとてもキレイで、シマシマの魚が泳いでいるのが見えた!!

Cozumelの魚。
small blue water

次なる寄港地は、「Belize」という中央アメリカの国。これは次回ということで!!





テーマ : クルージング
ジャンル : 旅行

預かり猫Lucas、フードアレルギーを疑われる

新しい餌を購入しに行った。今回は今まで使ってたBlue Buffalo Salmon Formulaではなく、Natural BalanceのDuck & Pea。
と言うのは・・・預かり猫のLucas(オス、7ヶ月)がひょっとして~・・・フードアレルギーを持っているのではないかと疑っているからだ。

ここからは~・・・―食事中の方はご遠慮下さい―  サインが必要になってしまうが・・・
うちに来た当初、彼の便は普通であった。が・・・しばらくすると・・・軟便→下痢になってしまい・・・薬を投入して治した。が、しばらくするとまた・・・
しかも、血便!?ヤバイ・・・で、また投薬開始。薬は素晴らしく効くのだ。投薬中は全然OK!!が、「治ったかなぁ~?」と投薬を中止すると、また4-5日後に下痢が戻ってくる・・・・・・
食欲は旺盛。ガンガン遊ぶ。痛いところがあるとか、そういうそぶりは全くなし。
もみじさんが大好きで、ストーカーしまくり、しまいにもみじさん、「・・・ウザイんぢゃぁぁぁぁ~~~!!!」とLucasに軽パンチをかますが、一向に堪えてる感じはなく、やっぱしもみじさんの行くとこ、どこにでも着いて行ってスリスリしまくる・・・
「・・・・私がもみじさんやったら・・・・やっぱしパンチしてるやろなぁ・・・・」って思う。・・・

話は脱線したが・・・うちの代表は、IBS (過敏性腸症候群)の可能性も疑っているようなのだが、ちょ~~っと違うような気がする・・・・私的には。
IBSだったら、痛みもあるだろうし、第一トイレにも間に合わないことが多々あるはず・・・(重さの度合いにも寄るが・・・)が、トイレは取り合えずはずしたことがない。しかも、痛みがあるのなら、あんなに常時ガバガバ食べれないだろうし、ラフに遊ぶのにも支障が出るはず。まして、ストーカーなんてしてる場合じゃないはずだ。

猫や犬のフードアレルギーの原因代表格に挙げられるのが、Grain(穀物類)である。所謂、コーンとかそんなもの。安いので、量増しの為に入れられていることが多いのだが、これらの穀物は基本、犬や猫には必要ないものである。かと言って、アレルギー持ちの犬猫以外には大して害がない。
が、この穀物アレルギーを持ってるコも密かにいたりするのだ。
もし、毛が抜けて、しきりと痒がったり、医者に連れて行ってもなかなか症状が緩和されないようであれば、フードアレルギーの可能性があるので、Grain Freeのものを試してほしい。
また、下痢の症状が出ることもある。
うちは元々Grain Freeのフードを使っていたのだが、これが・・・上記したように、「サーモン」入りのフードだった。味がいいらしく、かなり好評であったのだが・・・実は、魚も・・・たま~にアレルギーの対象になったりする。猫=魚 のイメージがあるのだが、実はこれまた全ての猫に当てはまるものでもないらしい。
今日、Lucasの前フォスターのNikiに何をあげてたか確認したところ、Grain Freeの肉系フードをあげていたと言うことであったので、サーモンに反応している可能性も否めない。
故、フードアレルギー猫ご用達、「Duck & Pea」に切り替えてみることにしたのだ。
さて、結果はいかに・・・!?

Lucas the stalker
lucas small






テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

本日のオマケのブログ ― 残念過ぎる上司、レイレイ。その6

私の上司「レイレイ」は、本当に残念過ぎる上司である。


本日の会話。


ミーティングの為、レイレイのオフィスへ・・・


私「レイレイ、無意味な質問やと思うねんけど、ペン持ってる?」

レイレイ「あんたのペンは盗ってないよ。」

私「”まだ盗ってないよ” でしょ!?」

レイレイ「・・・・・え~と、ペン、ペン・・・・・」←聞こえないフリ。

私「・・・・・もうええし。自分の席から取って来るし・・・・・・・・・・あんたに聞いたのが間違いやったわ・・・・」

レイレイ「えっと、この辺に・・・あ~、あった、あった!!ハイ!!」

私「・・・・・・・何であんたのペンって、全部床の上から発見されるの・・・・・・・・!?」

レイレイ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」






テーマ : 仕事日記
ジャンル : 就職・お仕事

ボランティアの難しさ

二週連続のアダプションイベント当番であったため、土曜日の朝6時起床、友達のフォスター猫3匹を車に積んで、イベント会場のペットストアに向かった。
朝は、頼りになるボランティアのTracyが犬を会場に搬送してくれ、早速準備入る。
今回、犬は3頭だけ。猫・・・数え切れないくらい・・・

慢性人手不足のアダプションボランティアなのだが、今回は、2人の新人さんがお手伝いに来てくれた。2人とも仕事が一段落したらしたで、「他に何かすることはありませんか?」と必ず聞いてくれる。この積極性がボランティアには絶対必要。
人が仕事をくれるまで動かない人は、大抵1-2回ボランティアをしたあとで、自然消滅する。

うちのレスキューでは、Eメールでボランティア、フォスターの仕事に応募してきた人に、他のレスキュー同様、必ず申込書に記入、それを更に私まで送ってもらい、審査をした上でシステムに情報を入力、そこで初めてとレーニングの日程を決める。
応募してくる人は少なくはない。が、申込書を送り、記入、送付を頼むと、返ってくるのは大抵応募数の10%程度。
申込書の段階で蹴躓いてるようでは、ボランティアが続くとは思えない・・・
ボランティアというのは、飽くまでも「自分から」全てを始めなければ続かない。お給料を貰ってやる仕事ではないので、自分の中でボランティアの仕事に対し、「強い責任」を作り上げなければダメ。故、申込書すら送付出来ない人は、「そこまで」なのだ・・・残念ながら。・・・・
ボランティアをする中で一番難しいことが、「家を出て、ボランティアに向かう」ことと、それを「継続」すること。言うだけなら簡単だけど、これが一番の難関であることには間違いない。

さて、土曜日のアダプションの結果だが、犬一頭、猫三匹に家が見つかった。

とてもいい家族に貰われた、Drussila
drusiila.jpg


特に、シャーペイミックスの「リンダ」は、とてもいい家に貰われて行った。
若いカップルの旦那さんが、良くトレーニングされたボクサーの仔犬(8ヶ月くらい。めちゃめちゃカワイかった!!)を連れ来て、「小さ目の犬で、このコの遊び相手になるコを探してるんだけど・・」と言うので、チワワとコーギーミックスの「セバスチャン」を紹介したところ、セバスチャン、仔犬の前に連れて行ったとたん、牙むき出して、吠える吠える・・・
何がそんなに気にいらへんねん!?って位吠えまくり、せっかくやってきたチャンスを我がで踏みにじってしまった・・・・・・・・
そこへ、丁度散歩に出ていたリンダがいいタイミングで帰還。リンダは仔犬を見た瞬間傍に行き、優しくご挨拶。そして・・・仔犬の飼い主の旦那さんが「お座り!」と言うと、キッチ~ンとお座りしてのけたのだ!!そして、「お手!」にも素早く反応!!・・・知らんかった・・・リンダがこれらのコマンドを知ってること・・・!!
と言うことで、奥さんの方がいたくリンダを気に入って、めでたくアダプトの運びとなった。

その後、奥さんと旦那さんの間で、リンダの新しい名前をめぐり、軽い諍い(笑)があったが、最終的に「ロキシー」で妥協したとのこと。めでたし!

Linda aka Roxy
linda.jpg




テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

プロフィール

Coolfish7

Author:Coolfish7
米国、アリゾナ州フェニックス在住。All About Animals Rescue Shelter Director. Arizona Diamondbacks ファン。レスキューとは別に本職アリ。残念過ぎる上司と戦う日々。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。